Skip to content

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|乙骨とリカとの融合

呪術廻戦 263話: 発売日

呪術廻戦263話は2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月4日spoilerzz.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|乙骨とリカとの融合

呪術廻戦 262話: 要約とレビュー

全体的な高専術師の防御力や虎杖の反転術式、乙骨の領域の高度な運用など、宿儺は短期間での成長を感じている。

思わず「このひと月何をした?」と問いかけている。

それに対し、虎杖は「努力と根性」、乙骨は「ズルしました」と同時に答えている。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw

その後の二人の「あ」から察するに、同じ”何か”をした上での成長なのではないか。

以前、虎杖と日下部が入れ替わっていた描写があったけど、他のメンバーも術式の核をとらえるために何かをやっていた可能性もあるね。

そして乙骨自身が、宿儺の最後の指について話をしていた。

ただ乙骨自身が宿儺の指を食べたとは考えにくい。

宿儺の「食ったのか」という問いには、返事を返していなかった乙骨。

リカが指を所持している可能性があるのではないか。

呪術廻戦 263話: ネタバレと予想

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨が自身の呪力を最大限に活用して自己修復

次に考えられるのは、乙骨が自身の呪力を最大限に活用して自己修復を行うことです。

乙骨は超強力な術師だから、自分の呪力を使って頭部の損傷を修復する術式を発動して、再び立ち上がる可能性があるかも。

他のキャラが乙骨を救う展開もあり得るね。例えば、家入や禪院真希が駆けつけて、乙骨を救うための術式を施すとか。特に五条悟はめちゃくちゃ強い術師だから、彼の力を借りれば乙骨が再生するって展開も十分考えられる。

あと、リカが乙骨に入るっていう超展開もあり得るよね。この場合、リカが乙骨の体内に入り込んで、彼の力を補完して新たな能力を発揮することが予想される。リカは乙骨にとって特別な存在だから、その力を共有することで、乙骨はさらに強力な術師として蘇ることができるんじゃないかな。

こういう展開が来たら、読者もめっちゃ驚きと興奮を感じるだろうね。

Jujutsu Kaisen: 5 Characters Who Are Worthy Successors of Gojo Satoru in Ultimate Battle With Sukuna

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨とリカの夢の融合

さらに、乙骨とリカの夢の融合という展開もあり得るね。この場合、乙骨とリカが精神的に一体化して新たな力を得ることが予想される。リカは乙骨にとってめちゃくちゃ大きな影響を与える存在で、その力を共有することで乙骨は新たな境地に達することができるだろう。

乙骨とリカが一体化することで、新しい能力や術式が発現する可能性も高いよね。

こんな感じで、『呪術廻戦』第263話の続きについては色々な展開が考えられる。乙骨がどんな風に復活して宿儺との戦いにどう立ち向かうか、めちゃくちゃ気になるテーマだ。読者としては、これからの展開を楽しみにしながら乙骨の復活と新たな力の発現に期待できるね。

結局のところ、乙骨の運命がどうなるかは作者の芥見下々先生次第なんだけど、これまでのストーリー展開やキャラの成長を考えると、乙骨が再び立ち上がり、強力な術師として宿儺に立ち向かう姿が描かれる可能性は非常に高いんじゃないかな。

乙骨の成長と新たな力の発現に期待しつつ、これからの展開を見守っていこう。

以上が『呪術廻戦』第263話の続きについて考えられる展開の一部だよ。読者としては、乙骨の復活と新たな力の発現に期待しながらこれからのストーリーを楽しみに待つことができるだろう。

そして、今後の展開として考えられるのは、五条悟の体をコントロールしきれずに乙骨が暴走することだ。乙骨のポテンシャルは五条悟と同じかそれ以上って言われてるけど、それでも六眼をコントロールするのは簡単じゃないだろうね。

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨でも六眼の制御ができない理由

というのも、五条悟自身も最初からすぐにコントロールできたわけではありません。実際、紫の技を物心ついたときにすぐに使いこなせたわけじゃないですからね。

五条が紫の力を完全にコントロールできるようになったのは、20歳を過ぎてからなんです。つまり、紫の力を使いこなすには20年以上の時間がかかったわけです。

こうなると、乙骨が六眼をコントロールするのにも時間がかかるのは当然ですね。中途半端な能力では宿儺には勝てないので、乙骨の力が暴走していく可能性が高いと考えられます。

これから、乙骨の暴走がどのように展開していくのかを見ていきましょう。

Ryomen Sukuna Devil (Jujutsu Kaisen) Live Wallpaper

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨が無差別に虎杖や東堂までも攻撃

宿儺も含めて、すべての人物を攻撃してしまう可能性が高いのは、乙骨が宿儺を攻撃するだけでなく、仲間である虎杖や東堂までも攻撃してしまうことです。

でも、この暴走を止めることができる人物が今後登場する可能性もあります。もちろん、虎杖と東堂も何とか暴走を止めようとするでしょう。

ただし、膨大な力を持った乙骨を完全に止められるかどうかはわかりません。しかし、足止めを得意とする人物が一人います。そして、その人物はまだ戦える状況にある可能性が高いです。

その人物とは、こちらです。

呪術廻戦【263話ネタバレ】狗巻棘の登場!

狗巻棘が今何をしているのか、まだわかってないよね。

でも、最終決戦に出てきてないことを考えると、乙骨が暴走した時に狗巻棘が登場する可能性が高そうだね。

狗巻棘が出てくれば、一瞬だけでも乙骨の暴走を止めることができるかもしれない。

でも、五条悟の体を手に入れた乙骨を制御するには、相当な力が必要だと思うんだ。

おそらく、かなり大きな代償を負うことになるんじゃないかな。

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨の暴走の制御の大きな代償とは?

代償として考えられるのは、もう一本の腕がなくなるとか、目が見えなくなるとか、五感が消えるといった大きな代償を伴う可能性がかなり高いんじゃないかな。

そしてその結果、乙骨は絶望するだろうね。

でも、絶望したことによって目が覚めて、コントロールしなきゃっていうふうにさらに重く考えて、五条悟の力を狗巻棘のおかげで徐々にコントロールできるようになるんじゃないかと思うんだ。

Sukuna from Jujutsu Kaisen HD Anime Wallpaper by patrika

実際に、このような大きなリスクの下で宿儺と復活した乙骨五条悟が戦うっていう展開じゃないと、読者としても納得できないよね。

リスクがある上での復活にしないと、何でもありの展開が続いちゃうからね。

そうならないように、このようなリスクによって乙骨自身が死んじゃうとか、大きなデメリットが出てくるんじゃないかと思う。

それでは、狗巻棘の腕を切断した犯人が明らかになりました。

これまで謎に包まれていた事件の真相を解き明かすとともに、狗巻棘の現状や今後の展開について考察していこう。

呪術廻戦【263話ネタバレ】狗巻棘はどこにいる?

2021年28号の週刊少年ジャンプに掲載された『呪術廻戦』152話で、狗巻棘の腕が切断される描写があったね。

これまでにも、狗巻棘が腕を失う可能性が取りざたされていたけど、今回の描写でその事実が確定したよ。

伏魔御廚子に巻き込まれた狗巻棘は片腕を失ってしまったんだ。

さらに、現在は上層部によって拘束されている可能性が高いって考えられるね。

呪術廻戦 263話:どこで読むか

呪術廻戦 263は、2024 年 7月4日に「spoilerzz.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw

結論

  呪術廻戦 253話 Raw – Jujutsu Kaisen 253 Raw English

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *