Skip to content

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|伏黒を救出する方法は真希にもある?

呪術廻戦 263話: 発売日

呪術廻戦263話は2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月4日spoilerzz.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|伏黒を救出する方法は真希にもある?

呪術廻戦 262話: 要約とレビュー

呪術廻戦262話を読んだ読者の気になる感想、予想、考察をピックアップしました。

五条自身も怪物として線引きしてたのに、躊躇なく「術式邪魔!」って踏み越えてくる虎杖悠仁を思い出して泣いてる……。五条のことを一人の人間として扱う悠仁のあの鼓舞、めちゃくちゃ嬉しかったんだろうね。そりゃあんな笑顔で「ばっちこい!」ってなるわけだよね。#呪術本誌

一方で、乙骨の肉体が死を迎えている事実に、人間の道じゃないことに戸惑いを見せる読者も多かった。

また、五条に対するアプローチが乙骨と虎杖で対照的なことにも注目が集まってたよね。

乙骨は五条と同じやり方を選び、虎杖は五条とは違うやり方で五条が望む結果を出そうとしてる印象。

そして、五条が独りで怪物になろうとした動機が夏油にあったことにも反響が多かった。

五条悟の分岐点はやっぱりあそこだったんだね。

それに、芥見下々先生の手書きのセリフも注目されてた。

誤植や消し忘れかもしれないけど、五条の脳裏からその言葉が離れなかったっていう描写にも取れる。

五条は一緒に行きたかったし、夏油は一緒に来てほしかった。お互いにそれをどうしても言えなかったのかもしれないって考えると……もう……。

呪術廻戦 263話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話263話考察|伏黒の体はどうなったのか

第263話のラストでは、鹿紫雲の攻撃によって宿儺の体が爆発し、その様子が描かれた。 宿儺は死んだかと思われたが、平安時代に恐れられた「両面宿儺」として復活する。

しかし、宿儺が受肉していた伏黒の体はどうなったのだろうか。

結論から言えば、両面宿儺の体の基盤となっていると考えられる。 宿儺の受肉が完全になされたことで、外見だけでなく人格も完全に乗っ取られたと考えられる。

宿儺が鹿紫雲の電撃を受けた直後のナレーションでは、こう述べられている。

「宿儺には反転術式以外に、一度だけ肉体を『修復』する術がある」

この「修復」という言葉から、両面宿儺の体が伏黒の体を基にしていることがわかる。 受肉の進行により、故意に外見を変えることが可能になったのであろう。

そして最後のコマで、以下のようにナレーションされている。

「受肉による『変身』の再開である」

受肉の進行と共に、「変身」することが示唆されている。

これらから、伏黒の体は両面宿儺の体を構成する要素であることが理解できる。

つまり、両面宿儺は伏黒の体を持たなくても、十種影法術を使用できることも分かる。 また、体を取り戻したことで、より強力な式神を召喚できる可能性も考えられる。

この場合、宿儺は五条との戦い以上に高いポテンシャルを持ち、他の術師と戦えることになるだろう。

伏黒の体が宿儺の元にある限り、術師側の戦略は大きく変わることはないだろうが、宿儺が自身の体を取り戻したことで、状況は一層困難になっていると言える。

Jujutsu Kaisen: Với sức mạnh mới, Yuji Itadori sẽ lấy lại hào quang của nhân vật chính | ONE Esports Vietnam

呪術廻戦ネタバレ最新話263話考察|無量空処を受け続けた伏黒の運命は…?

五条対宿儺の戦いの行方も気になるが、伏黒が最後にどうなってしまうのかも気になるところだ。

現在、伏黒は完全に宿儺に体を乗っ取られ、姉である都美紀を殺害したことで心が深淵に沈んでいる。つまり、内面での抵抗は不可能だ。

さらに伏黒は、魔虚羅によって「無量空処」に適応するための道具として利用され、5度も最強の領域を受けてしまっている状態だ。

この状況から伏黒を救出する方法はあるのだろうか。考えられる可能性としては2つある。

一つ目は、宿儺を撃破し、虎杖が以前と同様に宿儺の魂を伏黒に戻す方法だ。虎杖は宿儺を制御できるので、魂の移し替えが成功すれば状況は好転する。ただし、宿儺を撃破することが先決であり、そのために五条の勝利が極めて重要だ。

二つ目は、虎杖が用いていた「魂の入れ替え」によって伏黒と宿儺を分離する方法だ。この術式が虎杖のものであるかは明言されていないが、日下部が虎杖に教えていたことから、虎杖の術式と考えられる。

具体的な条件は明らかにされていないが、虎杖、乙骨、脹相、真希の会話からも、「宿儺を撃破すること」が重要な条件であると推測される。

どちらの方法でも、伏黒が「無量空処」のダメージから回復できるかは不明だ。宿儺自身も「無量空処」のダメージを反転術式で治癒できなかったことから、術式に頼らなければ回復は難しいだろう。

なお、作者の芥見下々先生は過去に「作品が面白くなるならキャラは殺す」「結末は虎杖、伏黒、釘崎、五条の四人のうち一人死ぬか、一人以外全員死ぬかどっちかだと思う」と述べている。

予定としてはそうだが、これらの発言から考えると、伏黒が取り戻される可能性は低そうだ。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話考察|五条の黒閃連続記録

第263話の冒頭で、五条が黒閃について説明していた。 五条自身も高い実力を持つが、黒閃を狙って放つのは非常に難しいとのことだった。

そのため、黒閃の連続記録保持者は七海だと五条は述べていた。 実際、五条の黒閃を連続で出した記録はどれくらいなのだろうか。

「狙って出すのが難しい」理由に加えて、戦いが長引かないという点も五条が説明していた。

Jujutsu Kaisen Chương 257 Tiết lộ nội dung & Bản quét thô: Itadori là anh em song sinh của Sukuna! - All Things Anime

五条がかなり長時間戦った相手が宿儺であることもあり、最新の単行本で五条が黒閃を何回放ったかを確認してみた。

特に明確だったのは第263話で、宿儺に向けて放った一撃だ。 実際、その後の第263話でも、嵌合獣・顎吐に向けて一撃を放っていた。

五条の人生で、宿儺と同等以上に戦った相手はいないはずだ。

そのため、五条の黒閃の連続記録は、新宿決戦で示した「2回」が最多だと考えられる。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話考察|宿儺が2種類の術式を使用できる理由は?

第263話では、宿儺がフーガを使用していた。
通常、術師は生得領域を一つしか持たず、そのため術式も1種類しか使用できない。

しかし、宿儺は除けば使用できなくなった十種影法術を含め、「御厨子」と「開」という2種類の術式を扱っている。
宿儺がなぜ複数の術式を使えるのか。

それは、宿儺が先天的に「開」の生得領域を持ち、また後天的に「御厨子」を使えるようになった可能性があるからだ。

宿儺の場合、片割れを食べたことでその術式を後天的に使えるようになった事例が他にも存在する。
第263話で虎杖は、呪胎九相図を取り込むことで赤血操術を使用できるようになった。

呪胎九相図は、人間と呪霊が生んだ胎児の亡骸であり、虎杖はこれを食べることで呪力を取り込んだ。

宿儺も同様に、片割れの呪力を食べることで後天的に「御厨子」を使用できるようになったのではないか。

まとめると、宿儺は先天的に「開」を使用できる能力を持っていたが、「御厨子」は片割れを食べたことで後天的に獲得したものと考えられる。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話考察|宿儺に本気を出させるのは虎杖?

第263話で、とうとう虎杖の覚醒フラグが立った。ファン待望の、虎杖の活躍が期待される展開が始まったことになります。

虎杖は新宿決戦に向けて、しっかりと準備を整えてきたようです。赤血操術や反転術式を習得したことも、その成果と言えるでしょう。

しかし、「覚醒」という言葉からは、それ以上の可能性が示唆されます。例えば、「宿儺の斬撃を使えるようになっている」などのスキルアップが予想されます。
また、「領域展開までマスターしている」といった大技の可能性もあります。

覚醒した虎杖は、これまで宿儺が侮ってきた存在ではないと考えるのが自然です。宿儺がこれまで見くびってきた虎杖が、他者の力を借りながら宿儺と対等に渡り合えるまで成長した可能性が高いのです。

宿儺にとっては、「自分の身の丈に合った生き方をする」という信念を否定されているようなものです。そのような存在に対して、宿儺が手を抜くことは考えにくいでしょう。

真希に対する興味と同様に、虎杖にも興味を抱くことが予測されます。そして、自分の信念に対抗する虎杖に対して、宿儺は本気で戦ってくるでしょう。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話考察|宿儺が負った使命とは?

第263話で、宿儺は真希に対して「俺に使命を背負わせた奴」と語った。
この言葉は、宿儺が何かしらの使命感を抱いて真希と向き合っていたことを示している。

では、その使命感とは具体的に何なのだろうか。

直前に宿儺は真希に対し、「磨き上げるのに値するのは呪術か肉体か」と問いかけた。

真希は呪力を持たないが、「肉体を磨き上げた者」と言える。
一方の宿儺は「呪いの王」と称される存在であり、「呪術を磨き上げた者」だ。

このように整理すると、宿儺は自らの「呪術の才能を肯定するために」真希と対峙したと考えられる。

宿儺が負った使命とは、自身の存在価値を確かめることにあったのだろう。

呪術廻戦 263話:どこで読むか

呪術廻戦 263は、2024 年 7月4日に「spoilerzz.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

  呪術廻戦 264話 ネタバレ|伏黒が生還! 新宿決戦が遂に決着か

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

関連名

Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 263
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 263
Juujutsu Kaisen 263
Lanet Savaşları 263
Sorcery Fight 263
Магическая битва 263
Магічна битва 263
ججك 263
جوجوتسو كايسين 263
مكافحة السحر 263
जादुई लडाई 263
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 263
呪術廻戦 263
咒术回战 263
咒術迴戰 263
주술회전 263

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *